ゴミ屋敷を築く人の特徴について

街を走るトラック

ゴミ屋敷ができあがるまでの流れについて

ゴミ箱

みなさんはゴミ屋敷ができるまでの流れはどういうものだと思ってますでしょうか?きっと多くの方はゴミ屋敷ができるまでの流れは単にゴミ集めが好きな人が外からゴミを拾ってきて、それで知らない間にゴミが溜まってしまうと考えると思います。ですが、実際はそんな単純な話ではなくてもっと複雑な事情があって、こういった家が出来上がっているのです。
では、具体的にどういう事情でできていくのかというと、それはその家に住んでいる住人が、精神的に弱っていってゴミを集めるようになって、それでゴミ屋敷が出来あがるパターンが多いです。特にそういう時は、家主が一人暮らしのパターンが多いです。なぜなら、家に家主一人しかいない状態になると、ゴミを集めてきてそれを捨てる人間が他にいないからです。ですから、必ずしも家の住人が精神的に病んでも一人暮らしでなければ、家族がゴミを捨てるのでゴミ屋敷になる事はほぼないです。ですが、一人暮らしだとそれもできないのでゴミを集めてきてしまってそのうちにゴミ屋敷になってしまうというわけです。
なのでゴミ屋敷ができるメカニズムというのは、一人暮らしで精神的に参った人がゴミを長年掛けて集める事で出来上がるのです。

ゴミ屋敷へと向かうきっかけは

ゴミ屋敷と聞いて浮かぶイメージは、一軒家にゴミが溢れかえり、室内だけでなく屋外までゴミが溢れている光景ではないでしょうか。最近は情報番組でも国内のこういう家を取り上げて、放送して居る事があるので、その地域に住んで居なくても状況を知ることが出来ます。
しかし、実際にそういった家の近隣の地域に生活される方にとっては、毎日の生活が危険にさらされている状況です。ゴミで歩道が塞がれて、通学路のコース変更を余儀なくされたり、ゴミを積んだ軽トラックから出火して近隣に恐怖を与えたり。ここまでの被害が無くとも、悪臭や害虫の被害は当然でしょう。こうした家の持ち主に情報番組のリポーターがインタビューしているのを観ていると、家主の方は「ゴミでは無く、必要な物だ」と主張されます。これは比較的、多くのゴミ屋敷の住人が口にしています。
そこで思うのが、誰にでもゴミ屋敷の持ち主になる要素は有るのではないか、と言う事です。もちろん、極度の採取癖が原因でここまでのゴミの山となってしまったのだとは思います。片付けようと思って居たけど時間に余裕が無く、ものが重なっている状態。案外自宅の一部に存在しませんか。ここからどの時点で限界を感じ片付けに取り掛かるか、そのまま放置していると最近多いゴミ屋敷ならぬゴミ部屋の仲間入りです。
ゴミ屋敷やゴミ部屋、きっかけは恐らく誰にでもある「片付けの後回し」にあるのではないでしょうか。

ゴミ屋敷を築く人の特徴

ゴミ屋敷は、不要品の山です。不要品とは当たり前ですが、要らないものばかりです。要らないものばかりを捨てられず溜めている方の特徴は、常日頃から要らない思い出=過去のどうでもいい思い出や、嫌な思い出ばかり溜め込む癖のある人達が多いです。言い換えれば、常に後ろ向きで、過去にすがっている人だと言えます。逆に整理整頓されている家の特徴として、普段の思考も整理整頓されていて、嫌な思い出や、過去の思い出を引きずらず、切り替えがうまくて、前向きな人達ばかりです。すなわち、その人の日常の癖が家に表れて、ゴミ屋敷を形成しています。
かつて住んでいた家の近くにゴミ屋敷がありました。その方は、定年退職をむかえて年金や、もしくは生活保護で収入を得ていると聞いたことがあります。「収入が少ないから捨てられない」「まだ使うのでないか」というマイナス思考も影響しているでしょう。まとめると、こういった家を築く方は、後ろ向きで、収入が少ない依存体質の方だとも言えるのではないでしょうか。
ゴミ屋敷の近くに住んでいる人が、ゴミ屋敷に住んでいる方に異臭などでクレームを出します。それでも改善されない場合に区役所の担当職員が動くはずです。プライバシーに関わることなのでよほどのことがない限り強制権はないですが、早めの対応が必要になります。

Notice

  • 家具家電

    祖母の家がゴミ屋敷になった原因

    私の祖母はずっと大阪に1人暮らしで、始めは普通の暮らしをしていました。私が結婚して名古屋で暮らし始めてからおかしくなり始めました。具体的にはゴミが捨てられ…

    »More

  • トラック

    実はゴミ屋敷状態の私の部屋

    わたしは、職場など、外では綺麗にしている人だと思われています。実際、子供のときの学校の掃除や現在も職場などの掃除はしっかりできています。しかし、昔…

    »More