ゴミ屋敷を築く人の特徴について

街を走るトラック

実はゴミ屋敷状態の私の部屋

トラック

わたしは、職場など、外では綺麗にしている人だと思われています。実際、子供のときの学校の掃除や現在も職場などの掃除はしっかりできています。
しかし、昔から自分部屋を掃除するのが大の苦手です。ただ面倒だからというのではなく、片付けようと思っても、どうすればいいのかわからなくなるのです。掃除の結果、物が右から左に移動しているだけらしいのです。ものを捨てるのは苦手です。ものがなく工夫をして生活をした経験から、どれも大切なものになってしまいます。それに、忘れっぽい気がするので、自分の目に見えるところに置こうとしてしまいます。もう、それが当たり前になっていて、自分が片付けたつもりでも、全然変わっていないよといわれます。そんなんじゃどこに何があるかわからなくて大変でしょと聞かれますが、でも、そんな状態のほうが、どこに何があるのかきちんと把握していて、生活しやすい面があります。
なぜ自分の部屋だけそうなのか、自分でも思うことがあります。学校や職場では、私物は必要なものしかなく、それの場所は決まっています。その中だけなら、きちんと管理できます。学校や職場のものは、すでに場所が決まっています。なので、きちんと片付けられます。自分の部屋はもう今の形が自分の中で決まった形になってしまっているということですね。それを改善するのは、なかなか難しいのです。

Notice

  • 家具家電

    祖母の家がゴミ屋敷になった原因

    私の祖母はずっと大阪に1人暮らしで、始めは普通の暮らしをしていました。私が結婚して名古屋で暮らし始めてからおかしくなり始めました。具体的にはゴミが捨てられ…

    »More

  • トラック

    実はゴミ屋敷状態の私の部屋

    わたしは、職場など、外では綺麗にしている人だと思われています。実際、子供のときの学校の掃除や現在も職場などの掃除はしっかりできています。しかし、昔…

    »More