ゴミ屋敷を築く人の特徴について

街を走るトラック

ゴミ屋敷の所有者の言い分

街の様子

しばしばテレビで取り上げられているゴミ屋敷をめぐっての問題で、自治体の方達が強制的にゴミ屋敷に入り、ゴミの撤去作業をしている映像を見かけます。その時に、家の所有者が怒りをあらわにして、撤去作業をしている人に向かって罵声を浴びせたり、ひどいときになると暴力を振るってまでも家への侵入を阻止しようとしています。テレビでそれを見ている人からすると、どうしてゴミを片付けてくれるのにそれほどまでに怒っているのだろうか、自分が周りの人に迷惑をかけているのがわからいのだろうかと思います。
ですが、所有者はそんなことはお構いなしに「自分の持っている土地なんだから何をやったっていいではないか」、「これはこれで片付いていて、私はどこに何があるかわかるから手を出すな」と言ったり、「明日片付けるから今日は帰ってくれ」と稚拙な言い訳をしています。中には「これらはゴミじゃない!全部資源なんだ」という方もいます。資源ならば業者に渡たり、リサイクルショップにお願いしたりしてお金に換えればいいと思うのですが、ゴミ屋敷の所有者はモノを集めるだけ集めて家の中はもちろん、屋外にまでもゴミを散らかしています。こんな言い訳をされたら近隣の方はたまったものではないです。

Notice

  • 家具家電

    祖母の家がゴミ屋敷になった原因

    私の祖母はずっと大阪に1人暮らしで、始めは普通の暮らしをしていました。私が結婚して名古屋で暮らし始めてからおかしくなり始めました。具体的にはゴミが捨てられ…

    »More

  • トラック

    実はゴミ屋敷状態の私の部屋

    わたしは、職場など、外では綺麗にしている人だと思われています。実際、子供のときの学校の掃除や現在も職場などの掃除はしっかりできています。しかし、昔…

    »More